hebno
  https://www.nagoyatv.com/heybot/




 
 どうもです。
 おめでたいご報告です。

 今回、当ブログで初めてのコメントを頂きました。
 


 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 投稿者: むちゃぶりぶりざえもん さんより

 ヘボットでやって欲しいので1話置いていきます
https://www.youtube.com/watch?v=R1weHy1Dwfk&index=1&list=PLcpNwSdDWNrxc8HNNGefgWY7DiAiPxYvZ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




 
 ご要望ありがとうございます。

 プロット分解を『ヘボット!』で、ですね。承知致しました。
 全く思いつきませんでしたが、確かにホットな作品です。


 ご存じない方のために軽くご説明させて頂きますと、なんか、日曜の朝にやってるクッソ汚いギャグアニメです。
 あまりの奇想天外っぷりに、男児だけでなく大人たちにも妙な人気を博している、まあ、奇作ですかねー。


 やはりプロット分解をするならちょっとばかしヤンチャな作品を分解した方が面白味もあるってことでしょう。

 なるほどです。さすがです。恨みます。



 香ばしい噂は色々と聞いていたものの、僕自身は未見だったので早速見てみました。

 するとどうでしょう。
 一度見るたびに頭痛に襲われたもので、更新するのに大変時間がかかってしまいました。


 わたくし、愛のない分解はしたくありません。
 機械的にストーリーの構造をバラしていくのは悲しく感じられるので、きちんと作品の良さを分かったうえで分解したいと考えております。

 
 いやあ。苦労しました。




 能書きがうるさいですね。とっとと始めましょうか。
 
 僕はボキャ美ちゃん(※ガワ)派です。
 c10
  http://www.heybot.net/






  ----<キリトリセン>----



 参ります。

 第一話、『ヘボッとうまれて屁・ボーン!』を分解していきます。

 未視聴の方はネタバレになりますのでご注意ください。






 <人物が>
  ↓
 <色々な障害を乗り越えて>
  ↓ 
 <心境を変化させた>




 繰り返しになりますが、これが物語の構造です。

 第一話では、主人公であるネジール王子の変化が描かれています。

 上の構造図に、一話で実際に描写された物語を当てはめてみます。



 <人物が>
 ・ネジール王子は
  世間知らずで周囲にチヤホヤされまくっています。
  自力で出来ることは無く、何をするにも他人の力を借りています。

  ↓

 <色々な障害を乗り越えて>
 ・王位継承に必要なネジ魂が逃げていく(国民に見送られて出発)
 ・体力ゼロなのでバテる「三分以上走ったの、生まれて初めてだよォン」
 ・カットビタイガーに絡まれる
 ・ネジ魂が海を越えて去っていく
 ・白熊にバットで吹っ飛ばされる
 ・崖から落ちて気絶
 ・ネジ魂を手に入れヘボットを起動させるが上手くいかない
  →起動してもすぐにバラバラになる
  →電池がない(スカイラビットが助けてくれる)
  →電池を調達しても、交換の仕方がわからない(DJサルッキーがアドバイスしてくれる)
 ・現国王とのボキャバトルに負ける

  ↓ 

 <心境を変化させた>
  ・国を追放されたネジール王子は、
   今まで使っていた施設も権力もなくなり、
   助けてくれていたメイドたちもいなくなり、

   初めて、自分(とヘボット)だけの力で前へ進もうと歩み始めます。
  

 (※第二話で速攻、
   『ネジ屋』というビジネスを始めることも、自立の象徴でしょうね)







 『貴種流離譚』を知っていると理解が早いでしょう。


 貴種流離譚(きしゅりゅうりたん)とは、ストーリーの王道の型の一つです。






 『貴種(きしゅ)』
    …… もともとは偉かったり天才だったりするすごい奴が

 『流離(りゅうり)』 
    …… 没落して身分を落として(庶民の身分とかで)冒険する

 『譚(たん)』   
    …… おはなし。





 ってことですね。

 有名なラノベだと『はたらく魔王さま!』みたいな感じです。










 もともとは偉ーい魔王様だったのに、身分を落として人間界でカツドゥーン(かつ丼)を食べたりマグロナルドでバイトしたりするわけです。








06_suzuno
 http://maousama.jp/chara.html


 僕は、うどんさん派です。(進まねえ)







 えー、ピンとこないのは百も承知なんですが、ヘボット!もストーリー的にはこの親戚です。

 お城で何不自由なく育ってきた王子が、11才の誕生日を契機にして試練に挑んだものの、あえなく失敗。

 今までの待遇を捨てて、自分の力で新しい冒険を進めていこう……という第一歩が描かれているわけですね。


 
 
 と、まあ。

 こういったアバンギャルドな作品でも、こういう物語の基礎みたいなものは押さえられているわけです。

 いちおう、『コメディー』はストーリー性のある笑える話、『ギャグ』は必ずしもストーリーが必須ではない、みたいな区分けもあったはずで、ヘボット!は公には『ギャグ』のはずなんですが、ちゃんと物語があってよかったです。

 コメントでご要望頂いた第一弾で、いきなり『無理です』『それは例外です』とかだとインチキくさいですもんね。



 えー、そういうわけで、今回はこの辺で。

 けもフレでやったみたいな、もうちょい踏み込んだ分解もやろうと思ってますが、長くなってきたのでいったん切ります。



 またね! グーチョキパンツ!(ぴゃー)  





(グーチョキパンツの正義さん)




 ----<キリトリセン>----



 当ブログでは、コメントをドシドシ募集しております。

 未紹介のラノベ技術を教えて頂けたら、僕も使うし当ブログでもご紹介させて頂きます。
 テクニックに関するご質問などがありましたら、『新人賞に落ちまくっている僕が』お答えさせて頂きます。
 水色髪のロリキャラを教えて頂けたら、独断と偏見でレビューします。

 ※ブログで紹介されても構わない覚悟でコメントくださいますよう、ご注意くださいませ。

 どうぞ、よしなに。